キオクノキロク~get on the air

普通のサラリーマン雑記~お安め海外一人旅~日々のあれこれ

【週末弾丸一人旅台湾編1日目⑫】台北駅周辺、立地で決めたホテル”紫園大飯店”

 

 

 こんにちは、りぜろうです。

 

前回の記事はこちら。

↓ 

www.rezerou.com

 

 

台北で泊ったホテル”紫園大飯店”

 紫園大飯店とか中華料理店みたいな名前(笑)

Booking.comの表記では、パープルガーデンてなってます。

れっきとしたホテルです。

 

 

台北駅周辺ホテルは結構高い。

今回の旅行のホテル選びの条件、”少しでも台北駅から近いところ”。

 

台湾は公共交通機関が充実してるし、初めての国ということもあってホテル選びは立地を重視しました。

 

が、さすがに台北駅周辺はホテルがけっこう高い。

 

そんな中、見つけたのがこちら。

www.booking.com

 

立地はこちら。 

台北駅までも地下道を使って徒歩5~6分で行けます。

それだけでも割と便利だと思うんですが、最寄り駅は台北駅隣の中山駅。

 

その地下鉄中山駅R5出口からの写真がこちら。

ホントに地下鉄中山駅R5出口の目の前です。

それにしても名前通りのパープル。

 

料金と客室

料金は2泊で12,908円。

ちなみに2つ星です。

 

東京で言えば、東京駅隣の有楽町くらいのところです。

全然広くはないけど清潔だし、必要なものは全部そろってます。

週末利用だし、この立地でこの値段ならりぜろうは全然OK(^_^)

一人旅なら、必要十分な感じのホテルでおすすめです。

 

駅が目の前なので女性でも割と安心じゃないかなぁ・・・。

 

 

パープルガーデン宿泊注意点

注意点・・・というほどではないんですが、外出の際はその都度、フロントにキーを預けます。

帰ってきたら、名前と部屋番号をいって鍵を受け取ります。

 

良し悪し半々。

ちょっと面倒くさいなとは思うんですが、出先でルームキーをなくす心配はなくなるのでそこは気が楽になります。

 

夜の台北駅

ところで・・・・写真は夜の台北駅です。日本でいえば東京駅。

紫色にライトアップ。日本で考えると東京駅が紫になってるってちょっと想像しがたいですよね・・・。

 

ホテルでも思ったんですが、日本人とは色彩感覚が異なるのか?それとも台湾では紫色に特別な意味合いがあるのか?はたまた何の意味もないのか?

ちょっと不思議な色使いです。

 

台北市街最初の夜の散策は寧夏夜市

せっかくなので、夜の散策を。

寧夏夜市に行ってみます。

 

場所はこちら。ホテルから歩いて15分くらい。台北駅からも歩いて行けます。

 

 

 

いやぁ・・・いいねぇ(*'▽')

それにしても、この屋台街っていうのは、不思議とどこの国に行っても異国感を感じるよ。

日本にもこういう場所あっていいのにね・・・。

衛生法やら保健所のルールやらいろいろあるんでしょうけど。

 

こういうところに行くとその国のローカル飯をいろいろ見ることが出来て楽しいのにな。

 

 

 

屋台街でちょこちょこつまんだ後、なぜかファミマで弁当買ってみました。

 

 

つづく。