キオクノキロク~get on the air

普通のサラリーマン雑記~お安め海外一人旅~日々のあれこれ

【一人旅バリ編4日目①】絶景、天空のランプヤン寺院。

こんにちは、りぜろうです。

 

前回はこちら。

www.rezerou.com

 

 

さて、4日目。

本日の最初の目的地はここ。

 

ランプヤン寺院(Pura Penataran Agung Lempuyang)

ウブドからだと車で約2時間。

なにせ遠い・・・本日も朝8時にお宿を出発します。

 

 

 その前に・・・朝ごはん。

出発します。

 

バリ島風景。

マラソン大会

途中、道路混んでるなと思ってグーグルマップを確認すると見慣れない表示。

 

 

ゆるーーくマラソン大会開催中(笑)

 

 

 

 

後ろの看板にある通りMay Bankっていう銀行がスポンサーみたい。

けっこうしっかり車線をとめてるわりには、皆さんわりとゆるーく走ってらっしゃいます(笑)

 

バリ島で初めて海を観る

 

祭礼の行列

バリ島の人たちにとって、ヒンドゥー教の儀式は何より大切なこと。

道路でも祭礼の行列が優先されます。

 

 

 

 

こういう光景に出くわすのがたまらなく好きです。

日常生活の中での行事。

ヒンドゥー教がごく自然に根付いてるんでしょうね。

その土地の人たちの暮らしが垣間見える感じがします。

 

 

 天空のインスタ映え、ランプヤン寺院

今回のバリ島旅行で絶対に行きたいと思っていた場所が2つ。

 

ひとつはティルタ・ウンプル寺院での沐浴

www.rezerou.com

 

 

 

そして、もう一つがここ。

天空の寺院”ランプヤン寺院”の天国への割れ門

 

 

 

標高は約1000m。

ちょっと雲がかぶってますが完全に晴れてれば割れ門の先にはアグン山が見えます。

 

 

 

駐車場

 お寺の駐車場はちょっと離れていて車で7~8分くらいの離れたところにあります。

カーチャーターの場合は、この駐車場で車を停めてから、乗合いの車に乗り換えてお寺に向かうみたいです・・・。

 

距離は2.4kmと出てますが、高低差約300m・・・。歩くのはちょっと無理があるかと思います。

 

 

向かうみたいと書いたのは、りぜろうのガイドさんはちょっとズルをして・・・

受付近くまで乗り付けて路駐・・・(笑)

 

 

お布施

ここが受付。

参拝料としてお布施をします。

目安は10,000~20,000Rpくらいだそうです。

ちょっと面白いのは、この時に金額と氏名、国を記帳します。

 

寺院なので、サロン(腰巻)は必要。これもこちらで10,000Rpで貸し出してもらえます。

 

 それでは、寺院へ。

 

 

 

天空の割れ門ショット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来ちゃったよ~( ;∀;)

もう最高だよ。もう天国かよ。割れ門の向こうはきっと天国だよ。

りぜろう史上最高のインスタ映えだよ。

 

 

撮影待ち2時間

ここ、本当にめっちゃいいところなので是非是非のおすすめなんですが・・・

 

 

 

 

実は周囲はこんなかんじ。

両脇で皆さん順番待ちしてるんです。

シルバーの傘のところにお寺の係員さんがいて、スマホを渡すと順番に撮影してくれます。

一組あたり5ポーズくらい撮ってくれます。

 

 

整理券が配られてるんですが・・・りぜろうの待ち時間は2~2.5時間だそうで( ゚Д゚)

 

 ・・・むむぅ(;´・ω・)

 でも、まぁそうだよね。みんなここで写真撮りたいよね・・・。

 

 

 

 

 

割れ門のさらに上段

ここから階段がありまして・・・。

 

 

 

この上からの景色がこちら。

 

絶景だよぉ(´ω`*)

 

 

※真ん中の階段は通行禁止。神様の通り道だそうです。

 

 

 

割れ門の下段

この下段がありまして割れ門の舞台裏が見えちゃいます。

 

 

・・・え?

りぜろうの写真ですか?

りぜろうの写真に2時間待つほどの需要はなさそうなので・・・景色を十分堪能して撤収いたしました(^_^;)

 

 

 

インスタ映えは置いといても、ここはホントにいく価値ありです。

 

ただ、撮影はめちゃくちゃ待ちます。

この日は朝8時に出発して到着が11時ちょっと前。

みなさん・・・何時に出発してるんでしょう?

 

夕方になると少し人が減るみたいなので、夕焼けとのコラボ写真を狙うのもありかも。

 

 

りぜろう史上最高のインスタ映え写真でした。

インスタやってないけど・・・(^_^;)

 

 

 

つづく。