キオクノキロク~get on the air

普通のサラリーマン雑記~お安め海外一人旅~日々のあれこれ

【週末弾丸一人旅台湾編1日目②】台湾旅行初心者の方へ。台北市街へのアクセス方法~深夜便版

こんにちは、りぜろうです。

 

前回の記事はこちら。

www.rezerou.com

 

 

今日は台北市街へのバスでのアクセス方法についてです。

いろんなブログで紹介されてますが、りぜろうのように台湾初心者で深夜着便利用される方の参考になればとおもいます。 

 

 

空港ですること①両替

深夜でも両替所はあいてます。

後で交通用ICカードに現金でチャージするのに必要になるのでこちらで両替しときます。

 

 

 

深夜なので電車はなし。

バスで市外へ向かいます。

 

 

バス乗り場もコンビニも階下に降りればOK。 

便利商店・・・そのまんまだな(*´▽`*)

桃園空港ってそんなに大きくないので到着口にでればすぐわかると思います。

 

 

空港ですること②台湾旅行必須アイテム「悠遊カード」

 

到着口から一つ下のフロアにセブンイレブンがあるのでそこで台湾の必須アイテムらしいあれを買います。

 

 

そう、肉まん(。-`ω-)

お腹すいちゃったので・・・(^_^;)

 

 

 

 

 

すいません・・・ウソです。

これ、悠遊カード』。

 

悠遊カード買い方

セブンイレブンのレジで元気よく大きな声でこう言ってください。

「ヨウヨウカー(*'▽')」

 

100元(約300円)で購入できます。

 

 

ちなみにりぜろうが手にしているのは多分一番シンプルなノーマル版。

コンビニのレジ近くにはいろんなデザインのカードが販売されてるのでお好みのものを選べます。

キティちゃんとかワンピースとか・・・日本でもおなじみのキャラクターを使用したカードもあるみたい。

 

 

 

ただし注意点がひとつ。

このカード自体は単なる生カードで当然残高は”0”です。

100元はこのカード自体の代金です。

 

じゃあ、どこでチャージすんのよ?

バス乗り場の前に出るとこんな機械があります。

こんなの↓

チャージの仕方・・・操作画面の写真とってない_| ̄|○

簡単なのでわかると思います(適当)

 

旅行中残高が足りなくなっちゃったら、MRTの改札付近にチャージ機があるのでいつでも追加できます。

 

 

チャージの注意点がひとつ。

外国発行のクレジットカードは利用できないそうです。

現金が必要になるので、台湾のお金を持っていない方は到着口そばにある両替所で両替しときましょう。

 

チャージ金額の目安

りぜろうは1,000元(約3,000円)チャージしました。

 

下にも書きますが、余っちゃったら払戻も可能ですし、コンビニでの支払いにも使えるので少し多めに入れといても問題ないと思います。

 

ちなみにりぜろうは最終日のコンビニ利用とかでちょいちょい調整してほぼぴったりで帰ってきました。

 

利用用途と払戻

公共交通機関

・台北市内のMRT

・桃園空港線

・高雄のMRT

・路線バス

・高速バス

・台湾鉄道

・台湾高速鉄道(台湾新幹線)

・一部のタクシー

コンビニ

スーパー

YOUBIKE(レンタサイクル)

etc

けっこういろいろ使えます(*'▽')

 

払戻

MRTの駅窓口で払い戻しができます

ただ・・・20元の払い戻し手数料を取られるらしいっす。

※悠遊カードの使用回数が5回以上、かつ購入から3か月以上経っていれば払い戻し手数料は無料みたい。

 

 

りぜろうは帰国にさいして

「必ず台湾にまた戻ってくる!!」

と、少年漫画の主人公のように誓ってきたので、カードは保管してあります。

 

 

台北駅行きバス乗り方

深夜便利用の場合、安全を考えてそのまま明るくなるまで空港で時間をつぶす方もいらっしゃるかと思います。

けして治安の悪い国ではありませんが・・・空港内なら安全ですしね。

 

りぜろうはそのままバスに乗って市街にむかいました。

 

バスの乗り方~深夜着便の場合

國光客運の1819便に乗る!!

これだけ(笑)

 

 

これです↓

24時間運行してます。

だいたい20~30分に1本来るくらいの感じ。

 

 

当然、悠遊カード利用できます。

使い方は日本のICカードと一緒。タッチ用の端末が乗り口にあるのでそこにタッチしてください。

 

 

車内風景。

座席数の人数しか乗せないので必ず座れます。

1時間くらいで台北駅のバスターミナルに到着です。

 

 

それでは台北市街へ。

 

 

つづく。