キオクノキロク~get on the air

普通のサラリーマン雑記~お安め海外一人旅~日々のあれこれ

Princeのこと

今日は、ブログ開設以来ずっと書きたかったことをやっと書くことが出来ました(^_^)

りぜろうにとって特別なテーマの最初の記事なので、我ながらちょっと緊張気味の記事になってます・・・(;^ω^)

 

 

 

今日の記事は、旅行とは関係ない内容です。りぜろうが愛してやまないアーティストのことです。

 

興味のない方はスルー推奨で・・・と普通なら書くところですが、興味のない方にこそ読んでもらって、是非彼のことを知ってほしい・・・それがりぜろうの本音です。

 

 

 

りぜろうは、そんなに音楽を聴く人間ではありません。

しかし、一人だけ30年以上もの間、追いかけ続けてきたアーティストがいます。

りぜろうの人生で、家族以外にこれだけの長い時間を共にした人は他にいません。

それが、Princeです。

 

 

今、家族以外にという言葉を使いましたが、彼は自らのリスナーにfunという言葉を使うことを好まず、家族の意味を込めてfamと呼んでいた時期がありました。

そう考えると、りぜろうにとってPrinceは、人生のメンターであり家族だったのかもしれません。

 

 

 

しかし、

f:id:paisely3121:20190726232742j:plain

彼は、2016年4月21日 57歳の若さであまりに唐突に亡くなりました。

 

 

彼の音楽がどれだけりぜろうの人生に大きく影響を与えてくれたか、その感謝の意味も込めて少しずつでもここに書いていきたいと思います。

 

 

旅行とは無関係になりますが、Princeのこともりぜろうの書き記したい大事なテーマです。せっかく自分の思いを言葉にする場をもてたので読んでくださる方もご理解いただけたらなと思います。

そして、彼の事を知らなかった人たちに少しでも知ってもらえる機会になればうれしいです。

 

 

 

これからこのブログでもPrinceカテゴリーの記事を書いていきますが、いきなりりぜろうが語るのもなんだかおこがましいので。

りぜろうなんかよりもはるか上をいくPrinceフリークの方々がいます、是非↓↓↓

 

りぜろうもよく覗いているファンには有名なサイトを2つ

www.partymind.org

 

npg-net.com

 

Princeの歌詞を和訳してくれてます。

prince510.blog.fc2.com

 

 

Queen of Famな方のPrinceブログ 

somethinginthewater.blog.fc2.com

 

 


 

日本語で書かれた初めてのプリンス本

 

Princeの世界観

 

 

 

 

 

ついででいいので、これも読んでください(><) 

このブログでも以前、こそっとPrinceについて触れていた記事

www.rezerou.com

 

 

プリンスマニアってこだわりの強い濃い人が多い印象で・・・読まれるかもしれないと思うと緊張気味で文章が固くなりました。

 

 

 

 

次回はこちらのつづきに戻りますね。

www.rezerou.com